【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 世界の街
  4. アメリカ・カナダ
  5. 米デンバー 高地の球場に酔いしれ

米デンバー 高地の球場に酔いしれ

2019年08月28日

 米大リーグの球場はどこも個性豊かだ。コロラド・ロッキーズの本拠地クアーズ・フィールドは、バックスクリーンの前に林や滝をしつらえてある。

 4000メートル級の峰が連なるロッキー山脈のふもとにある米西部コロラド州デンバー。標高1マイル(1600メートル)に位置することから「マイル・ハイ・シティー」とも呼ばれる。球団によると、高地で空気抵抗が少ないため乱打戦になりやすく、本塁打の飛距離は海面の高さにある他球場より推定9%も伸びるという。

 旅先のデンバーで野球を観戦したのは、勤務地ニューヨークのヤンキースタジアムより入場券が圧倒的に安いから。1枚50ドル(約5500円)で探すと、ヤンキースタジアムでは最上階近くしか見つからず、小学生の息子は「野球盤みたい」と嘆くが、クアーズ・フィールドではバックネット裏も選べる。米金融サイトによると、入場券や飲食代を含めた大リーグの観戦費用は、球場によって最大2.7倍もの格差があるらしい。

 と、スマートフォンであれこれ雑学を仕入れながらビール片手に観戦していると、心なしか酔いが回るのが早い。やはり標高のせいだろうか。 (赤川肇)

旅コラム
国内
海外