【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【長野】八ケ岳アルパカ牧場に赤ちゃん誕生 6月に再開

【長野】八ケ岳アルパカ牧場に赤ちゃん誕生 6月に再開

ジャンル・エリア : テーマパーク | 動物 | 甲信越  2020年05月27日

24日に生まれた雄の赤ちゃん(左)とサツキ=富士見町で

24日に生まれた雄の赤ちゃん(左)とサツキ=富士見町で

 富士見町の八ケ岳アルパカ牧場に、アルパカの雄の赤ちゃんが誕生した。牧場は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月9日から臨時休園していたが、6月1日に再開する。今月初めに生まれた雌の赤ちゃんもすくすく育っており、飼育員は「赤ちゃんに会えるのを楽しみにしていて」と話している。

 雄の赤ちゃんは24日に生まれた。体重は8キロ。毛の色は白と茶、グレーの3色が見られ、珍しいという。母リリーのミルクを飲んだり、広場を走り回ったりと元気に過ごしている。名前はこれから決まる。

 牧場では今月初めに、雌の赤ちゃん2頭が相次いで生まれたが、このうち未熟児で生まれた「希(のぞみ)」は9日に死んでしまった。もう1頭は、5月晴れの6日に生まれたことから「サツキ」と名付けられた。

 飼育員の井手真哉さんは「2頭には、希の分も元気に育ってほしい。長く休園していたが、アルパカに癒やされに来てほしい」と話している。

 来園者にはマスク着用を呼び掛けるほか、アルパカと触れ合える広場では、密集状態を避けるために人数制限を行うことも検討している。

 (倉形友理)

旅コラム
国内
海外