【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【愛知】気鋭12人の日本画、競演 中区、東京芸大出身者を集め

【愛知】気鋭12人の日本画、競演 中区、東京芸大出身者を集め

ジャンル・エリア : 展示 | 愛知 | 芸術  2020年09月08日

東京芸術大出身の作家12人の日本画が並ぶ展示=名古屋市中区栄2の岩勝画廊で

東京芸術大出身の作家12人の日本画が並ぶ展示=名古屋市中区栄2の岩勝画廊で

 東京芸術大出身の3、40代の気鋭作家12人が新作を並べた日本画展が、名古屋市中区栄2の岩勝画廊で開かれている。10日まで。

 15号までの作品15点を展示。同大Arts&Science LAB・特任准教授で県立芸術大非常勤講師を務める並木秀俊さんは、箔(はく)を細く切って貼り文様にする伝統技法「截金(きりかね)」を用い、バーナーで焦がしたキリの木を画紙代わりにした個性的な作品「凛(りん)」「八仙花」の2点を出品した。截金の金箔で描いたクジャクの羽が繊細な美しさを奏でる。

 名古屋芸術大非常勤講師の岡村智晴さんは、SM(サムホール)を2枚横につなげたWSMサイズのパネルを額縁に収めた「木漏れ日blue」「木漏れ日green」の2点を展示している。

 地元出身の松村公太さんは、幼い少女が金魚の乱舞する水槽を見詰める情緒あふれる作品「金魚姫」を出品した。 (小島哲男)

旅コラム
国内
海外