【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【福井】マンボウ2匹目が仲間入り 越前松島水族館で一般公開

【福井】マンボウ2匹目が仲間入り 越前松島水族館で一般公開

ジャンル・エリア : 水族館 | 生き物 | 福井  2021年04月16日

新たに仲間入りしたマンボウ=坂井市の越前松島水族館で

新たに仲間入りしたマンボウ=坂井市の越前松島水族館で

 坂井市三国町崎の越前松島水族館に14日、マンボウ1匹が三重県から到着し、水族館の仲間に加わった。3月末に営業を休止した三重県志摩市の水族館「志摩マリンランド」から譲渡された個体で、さっそく一般公開された。

 このマンボウは1月に捕獲され、志摩マリンランドで3カ月間飼育された。体長約80センチ。専用の輸送容器に入れられ、360キロの道のりを車で5時間かけて運ばれた。「ストレスを与えないよう急ブレーキ、急発進は避けて運んだ」(鈴木隆史館長)といい、同日午後4時ごろ越前松島水族館に到着した。

 水族館では衝突防止用のビニールシートを張った水槽に移された。長旅の影響か、着いて間もない時には水槽の底近くで横になりがちだったが、時間がたつにつれて体を真っすぐにして泳ぐようになり、職員たちを安心させた。

 マンボウは独特の体形が人気で、越前松島水族館で飼育する個体は2匹になった。(松田士郎)

旅コラム
国内
海外