【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【岐阜】夏を前に涼しげな器そろえ 多治見で骨董品展

【岐阜】夏を前に涼しげな器そろえ 多治見で骨董品展

ジャンル・エリア : 展示 | 岐阜 | 工芸品  2021年06月07日

涼しげなガラスの器や趣ある食器や置物などの数々=多治見市本町の市PRセンターで

涼しげなガラスの器や趣ある食器や置物などの数々=多治見市本町の市PRセンターで

 江戸から明治時代を中心とした骨董(こっとう)品を集めた企画展が、多治見市本町の市PRセンターで開かれている。29日まで。

 可児市の骨董品店「アンティーク天地堂」から市観光協会が仕入れた約100点を展示。夏本番を控え、清涼感あふれるガラスの器を数多くそろえた。

 花の模様をあしらった金魚鉢、青色の模様が入ったとっくりなど、暑い夏に彩りを添えるガラス製品が並ぶ。お面や置物、戦前の洋食器、江戸時代の道具など、往時の趣を伝える品々もある。

 観光協会の担当者は「江戸や明治の品々を見る機会は少ないと思うので、気に入ったものを手にとってみてほしい」と話す。午前10時~午後6時。

 (片岡典子)

旅コラム
国内
海外