【本文】

  1. トップ
  2. お出かけニュース
  3. 【石川】絵、彫刻…芸術になった鳥 七尾美術館で所蔵品展

【石川】絵、彫刻…芸術になった鳥 七尾美術館で所蔵品展

ジャンル・エリア : 展示 | 石川 | 芸術  2019年02月28日

鳥たちが多彩な姿を見せる所蔵品展の会場=県七尾美術館で

鳥たちが多彩な姿を見せる所蔵品展の会場=県七尾美術館で

 「鳥」をテーマにした所蔵品展「バードパラダイス!!」が県七尾美術館で開かれている。芸術分野で長く重要なモチーフとされてきた鳥類の多彩な姿が表現されている。4月21日まで。

 ツルやハト、カモメなどを題材にした絵画、工芸、彫刻作品計34点が展示されている。制作年代は桃山時代から平成まで。同じツルでも飛び立つ躍動感ある姿や、直立して凜(りん)とたたずむ姿などが描かれ、鳥たちが見せるさまざまな表情がうかがえる。

 彫刻家の故田中太郎氏の木彫「烏(からす)」では、自身が飼っていたカラスが再現されている。学芸員の北原洋子さんは「悪いイメージもある鳥だが、この作品では人にこびず、堂々と風格がある様子」と紹介する。

 所蔵品展「モチーフを知る~仏画から肖像まで~」も同時開催され、絵画と彫刻計24点を展示している。

 入館料は一般350円、高校大学生280円。中学生以下無料。

 (中川紘希)

旅コラム
国内
海外