【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. Fromグアム I AM GU〜AM!
  4. アウトリガーカヌー

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

  • ブラチスラヴァ便り
  • Fromグアム I AM GU〜AM!
  • 韓国・釜山パラム

旅ブログ 海外ブログ
Fromグアム I AM GU〜AM!海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

アウトリガーカヌー

2016年7月17日

グアムの島章にも描かれているアウトリガーカヌーは、南太平洋一帯でよくみられます。東南アジアの島々で用いられていたアウトリガーカヌー。オーストロネシア語族とともにインドネシア、フィリピン、マレーシア、メラネシア、ミクロネシア(グアム)、ポリネシア方面だけではなく、遥か西はアフリカ沿岸マダガスカルや東は南米沿岸のイースター島まで広まったといわれます。アウトリガーカヌーを眺めていると、好奇心旺盛な私は、その様子をワクワクと空想してしまうのです。地元の学生たちはカヌー競技などを楽しみ、大人の趣味でアウトリガーカヤックに親しむ人も目立ちます。また、最近、ツーリストにはオプショナルツアーで、カヌー川下りやタモン湾でのシーカヤック体験が人気のようです。そんなアウトリガーカヌー、グアムでさらに身近になってくる予感がします。ちなみにアウトリガーカヌーとは、安定のために外に櫂の付いたカヌーのことです。

011 (2).JPG

☆私の好奇心を刺激するアウトリガーの模型(アデラップ岬の資料室)

outrigeer  e.JPG

☆グアム空港の出発階にある、この絵がお気に入りです

outrigeer airport.JPG

☆空港には実物大のカヌーも展示されています

outriggger thebeach.JPG

☆人気のレストラン「ザ・ビーチ」にあるカヌー

sutekine.JPG

☆ローカルのアーティストが描くすてきなアウトリガーカヌー

 

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

桃井智子

元ツアーコンダクター。
2009年12月、思いがけずグアムへ移住することに。
以来、島でのスローな生活を楽しみつつ、ときおり、リゾート地ならではのおしゃれなレストランやバーの雰囲気も満喫。自宅ではマクロビオテック料理を作っている。
趣味は料理、ボタニカルアート、ヨーガ、マラソン、絵画鑑賞。
アクティブシニアをターゲットに、「スロートラベル」がコンセプトのコンドミニアムを開くのが夢。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人編集部 @buratto_tabi