【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From京都 一見さん大歓迎!!京都
  4. 下鴨神社のレース御守

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

ブログ 観光地ブログ

旅ブログ 観光地ブログ
From京都 一見さん大歓迎!!京都 観光地ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

下鴨神社のレース御守

2019年2月28日

京都からこんにちは!

平安京の時代の植生を残す原生林・糺の森の中に立つ下鴨神社(賀茂御祖神社)。
京都きっての古社で、京都三大祭の一つ・葵祭の舞台としても知られています。

境内には葵祭で斎代王が身を清める御手洗池(みたらしいけ)、
縁結びスポットとして名高い末社・相生社(あいおいのやしろ)、

鏡絵馬にメイクを施して美人祈願ができる摂社・河合神社などもあり、

女性を中心に多くの参拝客でにぎわっています。

IMG_9603.jpg

下鴨神社みたらしの池.JPG

そんな下鴨神社で、今話題の御守を授与してもらいました。
なんと、神様をお包する袋が繊細なレース生地でできているのです。

手のひらサイズで御守にしては大きく、清楚な装いでありながら存在感バツグン!

IMG_3459.JPG

アクリル板の守札が透けて見えます。
神様が透けて見える御守なんて、今まで見たことないですよね!

表には、下賀茂神社と上賀茂神社の神紋であるフタバアオイのモチーフと「御守」の文字が、

裏にはフタバアオイと「下賀茂神社」の文字が、それぞれ銀色の糸で刺繍されています。

1500円と少しお高いですが、身に付けているだけで心も透き通るような気がします。

IMG_3458.JPG

下鴨神社の主なご利益は、五穀豊穣や世界平和から縁結びまでと多彩。
こちらのレースの御守はレースだけに勝負運かしら!? と思いましたが、

福を招き、幸運を引き寄せるご利益があるそうです。

化粧箱入りで、春から新生活を迎える人への贈り物にも喜ばれそうなレース御守。
日によっては売り切れることもあるそうなので、気になる人はお早めにお出かけくださいね!

【下鴨神社(賀茂御祖神社)】
■京都市左京区下鴨泉川町59

■市バス停下鴨神社前から徒歩すぐ

■参観無料(大炊殿・御車舎・河合神社の特別拝観は共通500円)

■本殿6時30分~17時(特別拝観は10~16時)

■無休

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

賀茂 ナス子

京都生まれ、京都育ち。
中学は吹奏楽部、高校は茶道部に所属、そして大学時代はアメフト部のマネージャーを経験。
やりたいことは何でもやってみるのがモットーだ。
念願だった京都の編集プロダクションに入社し、京都のフリーマガジン[news]や京都に関する旅行誌などの編集・ライターを担当している。
友達に舞妓さんがいるのがちょっとした自慢。
愛犬は柴犬。二条城のまわりを散歩するのが日課だ。
好物は京都[第一旭]のラーメン。
おやつは[出町ふたば]の豆もち。
最近名古屋がわりと近いことを知った。
京都はうす味の料理が多いので、みそカツをはじめて食べたときごはんを3杯食べた経験を持つ。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ