【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【スロヴァキア】城と旧市街

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
ブラチスラヴァ便り海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

【スロヴァキア】城と旧市街

2018年4月23日

 ブラチスラヴァ城の歴史は10世紀にはじまる、といわれています。高台の砦以上の役割を担うのは16世紀から18世紀のおよそ250年間、ブダペストがオスマントルコに占領された時期でした。この間、ハンガリーの玉座がここに置かれたからです。

slovakia_20170423.jpg

 スロヴァキアの街にどうしてと思われるかも知れませんが、1918年にチェコスロヴァキアが独立するまで、ハンガリーの一部だったからです。こうした背景が歴史を見通しにくく、複雑なものにしています。
 
 ハンガリー王家がブダペストに戻ってほどなくした1811年、城は大火で焼け落ちます。以来、廃墟として放置され、その模様は絵画や写真で見ることができます。長らくそのままでしたが、共産体制下の1968年に再建されます。
 
 この城、ぼくがはじめて見たときは茶色い砂のような外壁だったのですが、5年ほど前、突然、真っ白に塗り替えられてびっくりしました。それでも長らく住んでいると街の守護神のように思え、愛着がわいてきます。
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ