【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From京都 一見さん大歓迎!!京都
  4. 昭和38年創業「TEA ROOM 扉」

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

ブログ 観光地ブログ

旅ブログ 観光地ブログ
From京都 一見さん大歓迎!!京都 観光地ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

昭和38年創業「TEA ROOM 扉」

2015年7月31日

盆地ゆえに蒸し暑く、気温以上に暑く感じてしまう京都の夏。
新しいカフェや、行列のできる甘味処も良いですが、
地元の人に愛される、レトロな喫茶店で涼みませんか?

今回は、ナス子おすすめの喫茶店をご紹介します。
三条会商店街にある、昭和38年創業の「TEA ROOM 扉」です!

20.jpg

蝶ネクタイがトレードマークのマスターと、奥さんが切り盛りし、
創業以来、地元の人に愛され続けている純喫茶。
店名の由来は、マスターの名字が「出口」さんだからだそうですよ。

喫茶店の花形が顔を揃えるショーケース。
喫茶10.jpg

店内からは、その"裏の顔"を見ることができます。
喫茶1.jpg

間仕切りがあり、秘密を打ち明けてしまいそうな席。
喫茶8.jpg

鮮やかな造花に見守られ、商談や縁談がまとまりそうな席。
DSC_5048.jpg

そして、レトロなテーブル型ゲーム機を囲む席。
DSC_5057.jpg

プレイは出来なくても、懐かしい記憶がプレイバック!
新1.jpg

昭和の時代に迷い込んだようです。
どの席もそれぞれに居心地よく、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

着席すると、まず、おしぼりが銀色のトレイにのせられて出てきます。
喫茶3.jpg

そして、当たり前のように灰皿を置いてくださいます。
※ナス子はノンスモーカーです。
創業当時からのルーティンワークなのかも知れません。

メニューにも期待が高まります。
DSC_5052.jpg

夏はアイスコーヒーが定番ですが、
ここではクリームソーダを頼みたくなってしまう不思議。

創業当時からの名物だというクリームソーダ350円は、
ぽってりとしたジョッキで提供されます。
喫茶6.jpg

吸い込まれそうな、エメラルドグリーン。
「オズの魔法使い」のエメラルドの都のような、グリーン。
ナス子がドロシーなら、このエメラルドの都に飛び込みます。

アイスコーヒーは、シロップとクリーム入り。
DSC_5055.jpg

サンドウィッチ(ミックス)400円は、玉子が温かくてふわふわ。
喫茶7.jpg

中央には、サクランボが鎮座しています。
サクランボ2.jpg

ナス子がサクランボなら、サンドウィッチの盆地ではなく
クリームソーダの海に飛び込みたいです。
喫茶6.jpg

盛夏の昼下がり、ぜひ、その扉を開けてみてはいかがでしょうか?
喫茶9.jpg

定休日には、定休日の「扉」が迎えてくれますよ!
DSC_0848.jpg

【TEA ROOM 扉】
住所:京都市中京区壬生馬場町14 三条会商店街内
営業時間:8~16時(15時30分LO)
定休日:日・月曜

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

賀茂 ナス子

京都生まれ、京都育ち。
中学は吹奏楽部、高校は茶道部に所属、そして大学時代はアメフト部のマネージャーを経験。
やりたいことは何でもやってみるのがモットーだ。
念願だった京都の編集プロダクションに入社し、京都のフリーマガジン[news]や京都に関する旅行誌などの編集・ライターを担当している。
友達に舞妓さんがいるのがちょっとした自慢。
愛犬は柴犬。二条城のまわりを散歩するのが日課だ。
好物は京都[第一旭]のラーメン。
おやつは[出町ふたば]の豆もち。
最近名古屋がわりと近いことを知った。
京都はうす味の料理が多いので、みそカツをはじめて食べたときごはんを3杯食べた経験を持つ。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ