【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【ドイツ】朝に食べる白ソーセージ

旅ブログ 海外ブログ

← 前へ 次へ →

【ドイツ】朝に食べる白ソーセージ

2017年10月 9日

 ミュンヘン名物といえば、なんといっても白ソーセージです。たかだかソーセージと思いきや、あれやこれやの流儀があります。

slovakia_201701009.jpg

 白ソーセージにつけるマスタードは、蜂蜜入りの甘いもの。それだけ聞くと「えっ?」と感じるでしょうが、実によく合います。たっぷりつけるといいでしょう。
 
 一緒に食べるのはプレッツェルで、飲み物は白ビールに決まっています。ちがうものを頼むと不思議な顔をされるかもしれません。
 
 皮はむいて食べるのですが、むき方にも流儀があり、ぜひ周囲の人の食べ方を観察し、真似してください。
 
 いちばんの流儀はこの白ソーセージ、正統派の店では昼の12時までしか提供されないということです。新鮮なうち、朝食として食べるわけです。
 
 一緒に飲むのは白ビールなのですから、おおっぴらに朝からビールを飲めます。ちなみにノンアルコールの白ビールもあり、やはり白ソーセージによく合いますので、もちろん無理して飲むことはありません。
← 前へ 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力し投稿ボタンを押してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外