【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. 韓国・釜山パラム
  4. 古都 慶州で夜を楽しむ☆

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

韓国・釜山パラム

旅ブログ 海外ブログ
韓国・釜山パラム海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

古都 慶州で夜を楽しむ☆

2018年3月12日

先週、2年ぶりに慶州に行ってきました。新羅時代の歴史が残る慶州は、世界遺産の宝庫として人気の観光地。釜山からは高速鉄道KTXで約30分と、日帰り観光が可能です。私は新海雲台駅からムグンファ号に乗って慶州へ。ムグンファ号は特急なので1時間半ほどかかりますが、特急が止まる慶州駅は慶州中心部にあり、目的によっては慶州郊外にあるKTXの新慶州駅よりも便利です。この日、慶州駅に到着したのは午後3時、慶州の知人と中心部の歴史遺跡地区にある東洋最古の天文台「瞻星台」などを散策し、慶州を代表する伝統市場「慶州中央市場」で地元のマッコリと市場グルメを満喫。その後、タクシーで5分ほどの「慶州東宮と月池(雁鴨池)」へ。ここは新羅王宮(別宮)の東宮跡と人工池の月池がある庭園で、夜間は東宮がライトアップされ、慶州の夜景スポットとなっています。私はここの夜景を見るのは初めてでしたが、想像以上の優美な世界に圧倒されました。慶州の観光ハイライトは世界遺産の「仏国寺」や「石窟庵」ですが、夜の慶州というテーマで慶州の新鮮な魅力が堪能できました。4月は有名な慶州の桜を見に再訪するつもりです。

IMG_0722.jpg

☆生活必需品がそろう慶州中央市場。夜市場も開催しています

IMG_0725.jpg

☆新慶州サルマッコリとおでん。市場で気軽にマッコリを飲むのが好きです

IMG_0741.jpg

☆月池に浮かび上がる東宮の姿の美しさに感嘆

IMG_0729.jpg

☆月池の名の由来は月が映る池。月のような光が水面に映ります

 

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

桃井のりこ

桃井のりこ

プロデューサー・編集者。
2009年より「勝手に釜山PR大使」として活動を開始、2010年秋には釜山広域市より表彰を受ける。
フリーペーパー「釜山びより」「大邱びより」発行人。
小牧生まれの札幌育ち、東京在住。現在は東京と釜山を行ったり来たりの生活で、そして、マッコリが大好き。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ