【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. Let's 一期一会!
  4. 古き良きベトナム撮影の旅

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 国内&海外ブログ

私たちトラベラー7! 7人の添乗員が旅の旬を伝えます

旅ブログ 国内&海外ブログ
Let's 一期一会! 国内&海外ブログ

← 前へ 次へ →

古き良きベトナム撮影の旅

2013年8月29日 お知らせ , 海外

こんにちは!更新が遅くなってしまい申し訳ありませんでした

皆さまからパワーを貰って帰ってきたはずが・・・

皆さまのパワーに圧倒されて(?)微熱続きの桃花です

 

さて、今回も前回(インド)に続き、藤原昭一郎講師にご同行いただいて

20名様と海外の撮影ツアーへ行ってまいりました!

古き良きベトナム 世界遺産ハロン湾と中部の町・幻想的なランタン祭り 7日間

 

募集開始後、すぐに満席(担当者みっぴーもびっくり!笑)になってしまった人気のツアーでした。

今回は海外添乗初めてのあきも同行!

 

初日は移動日。ハノイへGO!

気候は、名古屋よりも気温は低いのですが… うーん、湿度が高い…!!

 

2日目 8/18(日)

心配してたお天気もなんのその!

晴れ男・晴れ女のみなさん の気合いで雨雲が吹き飛んじゃいました。

これから世界遺産ハロン湾でクルーズしながらの撮影です。

 

DSC_0031.jpg

DSC_0043.jpg DSC_0051.jpg

海の桂林と呼ばれるこの景観!圧巻です。

 

そしてホイアンでしか食べられないのが、名物のカブトガニ!!

私も初めて見ましたが、こんなに大きいとは…(゚Д゚;)!!

 

DSC_0067.JPG 

DSC_0070.JPG

カブトガニちゃんが天に召される前に、記念撮影。

因みに味は…「カニ50%、未知の味50%」だそうです

 

この日の夜は伝統芸能の水上人形劇も鑑賞しました。

DSC_0146.JPG

 歌も音楽も、生演奏。ベトナムに伝わる伝説や民話、習慣など、色々なストーリー。

言葉が分からなくても、内容は大体分かるようになっています。

 

3日目 8/19(月)

みなさんお楽しみのマーケット(市場)と周辺の自由撮影です。

ドンスアン市場

 DSC_0211.JPG

ご覧の通り、ごっちゃごちゃです。

人とバイク・車はもちろん、果物、野菜、干物、雑貨…

市民の日用品は全部ここで揃ってしまいそうなくらいです。

 

バイクだってブンブン走ってます。

車とバイクが優先なのは言うまでもありません・・・(゚_゚;)

DSC_0188.JPG

DSC_0190.JPG DSC_0186.JPG

名物“名古屋渡り”!・・・ではありませんが、日頃の成果?を発揮されていました

みなさんこの1時間で、ずいぶんハノイの道路横断がお上手になりました。笑。

 

昼食を挟み、国内線で中部の街・ダナンへ移動し、

ハノイ・ハロン湾とは違うのどかな風景を横目に、ホイアンへ移動。

 

こちらは夕食会場。

DSC_0255.JPG

DSC_0260.JPG

1日の疲れを癒すのにぴったりなレストランでした

 

4日目 8/20(火)

この日の夜はみなさんが楽しみにされているランタン祭り

満月の夜に行われるお祭りです。

朝、ちょっと雨がパラついたので、民芸品店でランタン作りやシルク製品の作成の様子を撮影。

DSC_0280.JPG

 

ランタンに灯りを入れてもらい、夕方の撮影のための練習(?)も少し…。

DSC_0282.JPG

DSC_02901.JPG

さすがみなさん、熱心です。

 

その後、ホイアンの街を撮り歩き。

 DSC_0323.JPG

 

▼造りが印象的な日本橋(来遠橋)前で集合写真♪

 DSC_0295.JPG

 

▼今晩のランタン祭りの準備をする職人さん

DSC_0316.JPG

 

▼お店のおばあちゃんと女の子

 DSC_0309.JPG

 

 

その後、伝統工芸村を訪れ、 

ホテルでの休憩を挟み、いざ、このツアーのメインイベントへ出陣!

DSC_0403.JPG

夕方5時前ですが、ランタンに灯りが入りました。

とってもキレイですよねー。

しかもこのランタン、大きいものでも500円、小さいものだと50円くらいなんです。

買っても、この状態で持ち帰らなきゃいけないのが難点ですが…

 

そして皆さんと日が暮れる前からスタンバイし、シャッターチャンスを狙いました。

DSC_0410.JPG

DSC_0427.JPG

DSC_0434.JPG

DSC_0438.JPG

夜になると観光客と地元民でにぎわい、ものすごい熱気でしたが

“幻想的”という言葉がふさわしいお祭りに、あきも桃花も感動

みなさんも、夜遅くまで撮影お疲れ様でした 

 

 

5日目 8/21(水)

ホイアンからダナンを経由しフエへ、沿岸部を撮影しながら移動します。

DSC_0511.JPG

それにしても、ジリジリジリジリ…。

写真ではあまり伝わらないのが残念(笑)なくらい、暑さMAXです!!

 

DSC_0505.JPG

こちらのたらい舟、佐渡のたらい舟とはまたちょっと違いますが…

漁師さんたちはこれに乗って漁をするそうですよー。 

まるで一寸法師みたいですね

 

その他、移動中は列車を待ち伏せして撮影したり…

DSC_0554.JPG

 

ものすごい数のアヒルの大群に遭遇したり…!

DSC_0600.JPG

DSC_0613.JPG

(▲因みにこのアヒルちゃん達は、悲しくも養殖用だそうです・・・) 

 

夜は古都フエの宮廷料理をご賞味!

彫刻作品みたいな盛り付けが印象的です。

何の形か分かりますか?(^▽^)

DSC_0658.JPG DSC_0659.JPG

左は鳳凰、右は龍の頭です(^ー^)

 

6日目 8/22(木)

いよいよ実質最後の撮影日!

フエ市内、郊外の撮影です。

 

まずは阮朝王宮

ここではみなさん念願のアオザイガールに出会うことができました♪

DSC_0677.JPG

高校生まではアオザイの色も決められているそうですが、

大学生になると特に色の指定はなくなるとのこと

だからみなさんこんなにカラフルなアオザイを身に纏っているんですねー。

因みに彼女たちは卒業旅行で来ていたそうです

 

せっかくの機会なので、一緒に記念撮影♪

みなさんいつにない満面の笑みです。笑。

DSC_0682.JPG

その後、ティエンムー寺トゥドゥック帝廟カイディン帝廟を見学して、ご夕食。

深夜便で、翌朝、名古屋へ戻ってきました。。。

 

 

 

北部のハノイでは雨季にも関わらず奇跡的に雨に降られることもなく、

毎日何回でもシャワーを浴びたいくらい( ̄Д ̄;)快晴に恵まれた7日間でした!

 

熱中症にもならず、迷子のK出さんと捻挫(と思って帰国したら骨折)してたA藤さんも

20名様、全員が無事(?)に帰国できて、本当に良かったです

 

また、今回のツアーで皆さまにお撮りいただいた作品の写真展も開催致します!

第一部:10月15日(火)から21日(月)

第二部:10月22日(火)から28日(月)

場所:中日ビル (名古屋市中区栄4-1-1) 2階タウンギャラリー

 

素敵なお写真がずらーっと並ぶ予定です!

お時間がございましたら、ぜひぜひ足を運んでみてくださいネ(UωU*)♪

 

そろそろ、お写真の整理は終えられた頃でしょうか???

またいつか、愉快で素敵な皆さまとお会いできることを楽しみにしています

 

.:*・゚桃花゚・*:.

← 前へ 次へ →

取材担当プロフィール

エミリー

エミリーです。笑顔との出会いと土地のおいしいものを食べる時に旅の幸せを感じます。添乗に出る時は、ミラーレスカメラ一眼で写真を撮ることも。カメラを向けたらぜひ笑顔で返してください。国内・海外のクルーズにもはまっています。

みっぴー

添乗やプライベートで年間20回ほど渡航し、その中でも韓国は150回以上! 夢は韓国系航空会社の機内誌にコラムを書くこと。それなりの“ネタ”をたくさん持ってます!

GAKU

海の中から3000m級の山まであらゆる場所に出没する人畜無害のさすらい自由人。新しいもの好きで、好奇心旺盛。今日もどこかで面白いものを求めて彷徨っています。

彩夏

こんにちは、彩夏です。美術鑑賞、観劇、温泉、グルメ、アウトドアまで幅広く担当します!人里離れた秘湯、山のいで湯、華やかな名湯など、温泉情報もお届けします♪

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ