【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. 韓国・釜山パラム
  4. 釜山の味☆コムジャンオ

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

韓国・釜山パラム

旅ブログ 海外ブログ
韓国・釜山パラム海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

釜山の味☆コムジャンオ

2021年7月 5日

釜山グルメには、海の幸から山の幸まで、多彩な料理がそろっています。そのひとつが「コムジャンオ(ヌタウナギ)」で、釜田市場近くのコムジャンオ通りが有名ですが、市内の市場でもコムジャンオ料理専門店を見かけます。目印となる水槽にはコムジャンオがウニョウニョいて、その姿に足を止める外国人観光客も目立ちます。
コムジャンオはコチュジャンで鍋にしたり、塩焼きで味わうのが一般的。私は日本ではウナギやドジョウをほとんど食べませんが、釜山ではたまに友人と食べに行きます。コムジャンオ自体の味は淡白で、野菜と炒めたり、野菜で包んで食べるため、なかなかヘルシーです。ちなみに、韓国ではチュオタン(ドジョウ)も健康食として好まれています。
最近では韓流の影響もあって、日本でも、さまざまな種類の韓国料理が食べられるようになりました。ただ、コムジャンオを出しているところはごく一部なので、釜山へ行った時には味わってほしい一品です。

IMG_0893.jpg
☆店頭に置かれたコムジャンオの水槽。海雲台市場にて

IMG_2108.jpg
☆コムジャンオのぶつ切りと野菜をコチュジャンで絡めて。ビールと相性抜群!

B8D9DC4C-533F-4F01-8FA7-6BAFB13C4494.JPG
☆友人が教えてくれた、中区にあるコムジャンオ店の独特な調理法↓(You Ha)

BC7472E1-0E8B-4E65-9408-C89AC22B29B0.JPG
☆↑上の具材にエゴマの葉で蓋をして蒸し焼くそうで、なかなか豪快です(You Ha)
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

桃井のりこ

桃井のりこ

プロデューサー・編集者。
2009年より「勝手に釜山PR大使」として活動を開始、2010年秋には釜山広域市より表彰を受ける。
フリーペーパー「釜山びより」「大邱びより」発行人。
小牧生まれの札幌育ち、東京在住。現在は東京と釜山を行ったり来たりの生活で、そして、マッコリが大好き。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ