【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From那覇 お気に召すまま 気のむくまま沖縄
  4. 癒しの宿「ペンションほろほろ」

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

ブログ 観光地ブログ

旅ブログ 観光地ブログ
From那覇 お気に召すまま 気のむくまま沖縄観光地ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

癒しの宿「ペンションほろほろ」

2014年4月27日

GWになりましたね。今年は長ければ11連休という大型連休。東海地方も暖かくなったようですし、旅行の人、近場で遊ぶ人、おうちでゆっくりされる人、みんな楽しく過ごせるといいですね。

 
今回は、観光客でにぎわうリゾートエリア・恩納村にオープンしたばかりの宿「ペンションほろほろ」を紹介します。
ほろほろ外観.JPG
 
このペンションのオーナーご夫婦は、定年後、愛知から奥様の出身地の沖縄にお引越ししてこられ、奥様が長年トヨタ自動車の産業保健師をされていた経験から、お仕事や普段の生活から離れて、沖縄でゆっくり癒されてほしいというコンセプトで開業された宿です。
オーナーご夫婦はとってもきさくで優しくて、女性一人旅でも安心。
おしゃべりをしているだけで癒されます。
ほろほろオーナー.JPG
 
ほろほろ飾り0.JPG
 
1階がリビング、2階がそれぞれのお部屋になっています。1階では食事以外に、ゆんたく(おしゃべり)もいいですね。
ほろほろリビング2.JPG
 
ほろほろリビング 1.JPG
 
2階は、洋室ツイン、和室ツイン、洋室シングルが2つの合計4部屋です。
ほろほろ部屋0.JPG
お部屋の入り口には、それぞれのお部屋の名前のプレートがあり、とってもかわいい。
ほろほろ部屋4.JPG
それぞれの部屋にはソファがおいてあり、お部屋でもゆったりとくつろげます。
民宿などと違い、各部屋にユニットバスがついているのも便利です。冷蔵庫やポット、お茶のセットなども準備され、さらにアロマのディフューザーもあり、お好みのアロマを選ばせてもらいました。
ほろほろ部屋2.JPG
 
ほろほろ部屋3.JPG
 
ほろほろ部屋1.JPG
 
素泊まりも可能ですが、ここは食事がとってもおいしいので、ぜひ。
朝食は洋食、和食、じゅうしい(沖縄風おじや)のどれかになり、今回は洋食をいただきました。
手作りジュースもおいしく、質・量とも大満足。
ほろほろ朝食.JPG
 
夕食の沖縄料理は、ボリュームたっぷり。
そして、私のための手作りのメニュー表も!
ほろほろ夕食2.JPG
 
この日は沖縄のアグー豚のしゃぶしゃぶでした。
ほろほろ夕食1.JPG
 
ほろほろ夕食3.JPG
 
ほろほろ夕食4.JPG
 
ほろほろ夕食5.JPG
写真には料理が全部うつってませんが、これで一人分です!小食の方は相談してみてください。
どれも優しい味付でとってもおいしく、中でも沖縄の家庭料理のにんじんしりしりが私の好みの味でした。
 
ペンションからも海が見えますが、5分ほど歩くと海までいけます。
自然のままの静かできれいなビーチで、海を眺めたり、足をつけたりしながら、のんびりぼーっと心の洗濯をするのに最高。
「ほろほろ」とは、ハワイ語でも沖縄の言葉でも、のんびりぶらぶら歩く、ような意味なので、近くの花や景色、海を眺めながらのお散歩も楽しいと思います。
ほろほろ海1.JPG
 
ほろほろ海2.JPG
 
リゾートホテルに泊まったり、ツアーであちこち観光する旅行もいいけど、こういう小さな宿で時間を気にせずにのんびり過ごす沖縄もいいですよ。
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

田辺 里美

南国リゾートが大好きで、2002年に家族で沖縄に引っ越し。
本島内を中心にくまなく遊びながら情報提供しているうちに、観光関係(特に家族旅行)を中心としたライターの仕事も受けるようになる。
趣味はシュノーケルと食べ歩きと旅行。食べ歩きのせいか、どんどん横に大きくなるのが悩みの種。離島へのミニ旅行が楽しみで、特に宮古島と阿嘉島が好き!
息子たちが巣立った後は、夫と小さい民宿を開くのが夢。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ