【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From那覇 お気に召すまま 気のむくまま沖縄
  4. 一年中あります丸焼きチキン

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

ブログ 観光地ブログ

旅ブログ 観光地ブログ
From那覇 お気に召すまま 気のむくまま沖縄観光地ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

一年中あります丸焼きチキン

2014年12月15日

クリスマスといえばチキンを食べるご家庭も多いと思いますが、沖縄では、チキンといえば丸焼きチキン!

リーコーチキン (10).JPG写真のような鳥の丸焼きがぐるぐる回っています!

もともとは南米に移住したうちなーんちゅが沖縄に戻って始めたという説がありますが、県内には丸焼きチキンのお店が何軒もあり、クリスマスはかなり前から予約でいっぱいという人気です。クリスマスシーズンだけでなく、一年中丸焼きチキンが食べられるので、持ち寄りパーティや家で食べるのにも最高です。

そんな中で私のお気に入りのお店を2軒紹介します。

まずは南風原町の「リィコーチキン」

リーコーチキン (1).JPG

お店の外までお肉とにんにくのいい匂いが漂ってきます!お店のメニューはシンプルに「1羽1,700円、半分850円」のみ。テイクアウト専門です。丸ごと1羽のままでもいいですが、食べやすいサイズにカットしてくれます。

リーコーチキン (2).JPG

リーコーチキン (4).JPG

お肉の中は荒みじんのにんにくがたっぷり!それも全部入れてくれます。

リーコーチキン (5).JPG

リーコーチキン (6).JPG

きれいにアルミホイルで包んでくれますが、車の中にいい匂いが充満しておなかが鳴ること必須です。ロースターで時間をかけて焼かれたお肉は、油が落ちて意外とさっぱり。でもぱさぱさしてなくてとってもおいしくて、ついつい食べ過ぎちゃいます。

たくさん入っているにんにくは、匂いも意外と強くなく、そのままお肉と一緒に食べてもおいしいですが、ご飯にまぜてガーリックライスにするのも最高です!

リーコーチキン (11).JPG

 

もう一軒は、ブエノチキン。こちらも老舗の丸焼きチキンのお店です。

ブエノチキン (1).JPG

こちらも鳥たちがぐるぐる回っています。同じくメニューはシンプルに1羽1600円、半羽800円。こちらも食べやすくカットしてもらえます。

ブエノチキン (2).JPG

ブエノチキン (4).JPG

こちらもしっとりしていてとってもおいしい。ブエノチキンでは全国に発送もしています。

沖縄旅行の時には、ぜひこれらの丸焼きチキンにも挑戦してみてくださいね!

★リィコーチキン

所在地:南風原町兼城564(R329沿い、マックスバリュー隣)

電話:098-889-5135

営業時間:12~20時(売切れ次第終了)不定休

 

★ブエノチキン浦添

http://www.buenourasoe.com/
所在地:浦添市内間1-14-2(パイプライン沿い)

電話:098-876-0452

営業時間:12~20時(売切れ次第終了)

定休日:月曜(祝日時オープン)、お盆、お正月

 

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

田辺 里美

南国リゾートが大好きで、2002年に家族で沖縄に引っ越し。
本島内を中心にくまなく遊びながら情報提供しているうちに、観光関係(特に家族旅行)を中心としたライターの仕事も受けるようになる。
趣味はシュノーケルと食べ歩きと旅行。食べ歩きのせいか、どんどん横に大きくなるのが悩みの種。離島へのミニ旅行が楽しみで、特に宮古島と阿嘉島が好き!
息子たちが巣立った後は、夫と小さい民宿を開くのが夢。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ