【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From那覇 お気に召すまま 気のむくまま沖縄
  4. 癒しのリゾートで安らぎの時間

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

ブログ 観光地ブログ

旅ブログ 観光地ブログ
From那覇 お気に召すまま 気のむくまま沖縄観光地ブログ

← 前へ 一覧

癒しのリゾートで安らぎの時間

2020年5月31日

新型コロナウィルス感染症による緊急事態宣言も解除されましたね。沖縄県でも、1か月間、新規の感染者がいないこともあり、6月1日からは段階的に県外の観光客にもきていただくという方針になりました。6月19日までは県をまたぐ移動が一部制限されているので、まだまだ本格的に沖縄旅行の計画をたてるのは難しいかもしれませんが、今回はソーシャルディスタンスも取りやすいお勧めのリゾートホテルを紹介します。

那覇空港から車で約100分。手つかずの自然がいっぱいの沖縄本島北部のやんばるに位置するオクマプライベートビーチ&リゾート。元はアメリカ軍の保養施設を利用した10万㎡の広い敷地を持つリゾートホテルです。

エントランスもブーゲンビレアが咲き、ロビーに入ると熱帯魚の水槽があり、リゾート気分が高まります。9C262D0E-822F-44B8-A4A3-9293E90C54F5.jpeg

3FED4816-F07A-4467-A91C-55D7A26A2372.jpeg
ロビーにはドリンクや黒糖などが置いてあるのもうれしいサービス。7D2FD813-DE68-41F2-AB0C-BB5A936A5029.jpeg

お部屋は全室コテージタイプまたはヴィラタイプ。緑とお花がいっぱいの敷地の中に客室が点在しています。
ガーデンヴィラは2020年4月に全部屋フルリノベーション。戸建タイプでプライベートガーデンがついています。
72240A40-E40B-48DB-A2EE-23F0C036FB5D.jpeg

グランドコテージにはメゾネットタイプのお部屋もあり。
B208E4D2-B5DC-4D09-9FCE-872047E22F27.jpeg

南国の木や花がいっぱいでどこもきれいに手入れされています。散策したり、あちこちに設置されているハンモックでのんびりしたり、思い思いに過ごせます。
お部屋とフロントやレストランなどのメインエリアまでは徒歩10分くらいかかるお部屋もありますが、カートの送迎サービスもあります。
6E2ED4B2-A0CA-4308-88F0-07D8A0337554.jpeg

827DD7DE-FA59-4E57-B663-4F6341A1D30C.jpeg

このホテルのプライベートビーチは、1Kmも続く自然の白砂のビーチ。環境省の水質調査で最高レベルをとっているきれいな海で、管理も行き届いています。
各種マリンスポーツもでき、穏やかなビーチで海水浴や日光浴したり、アクティブに楽しむのもお好みで。ビーチも広々としているので、他の人を気にせず楽しめます。
0734FF83-39BC-479E-8432-906D2D3FB0B6.jpeg

8BB322D4-E1DA-46A2-80A4-F4B547F16799.jpeg

ビーチにある幸せの鐘・カランカラン。写真を撮るのにも最適なスポットです。
08778BEB-DC61-4E4B-AADE-788BA9AB6B07.jpeg

ガーデンプールは、メインプール、子ども用プール、流水プール、アクティビティプールと、小さいながら4種類のプールがあり、ビーチとプールが隣接しているので、行き来しやすいのも便利です。
03E828F7-E739-44AC-8B3D-72A7E2431EFD.jpeg

1ED82E93-C757-48F8-B88E-1D08B59C4AB1.jpeg

29494F69-816C-4A3A-BFBB-1CF43E008F41.jpeg

ビーチ、プールサイドには、展望浴場「シーサイドサウナ」があります。湯船につかって夕日を眺めるのもいいですね。タオルも準備されていて、お好みのシャンプーを選べるシャンプーバーもあります。
43C83FF6-0B79-466C-9520-4E473A7E2C8B.jpeg

また、プールサイドにはキッズルームもあり、雨の日や暑すぎる日中、室内で遊ぶこともできます。
376618B6-3390-43CE-9AAB-AFC017014EF8.jpeg

ビーチサイドのカフェレストランはテラス席も広いので、海を眺めながらの食事が楽しめます。
02387CC3-FDC5-495C-9919-F2BDE6D65F11.jpeg

ビーチだけでなく、テニス、パターゴルフ、エコミュージアムでバドミントンやビリヤード、ピンポンなども楽しめます。
また、やんばるという立地ならではのエコツアーも開催されています。カヤック、比地大滝ややんばるの森のツアー、川遊び、喜如嘉の集落の散策ツアーなどもあります。
レンタサイクルもあるので、近場の散策もできます。

お部屋は他のリゾートホテルと比べても広めで、靴を脱いであがるタイプで、くつろげます。
値段が手ごろなパームコテージは29㎡。パームコテージは駐車場やメインエリア、ビーチにも近いのが便利です。
244089C4-F4F4-4AFB-9FCE-457A40CE5265.jpeg

敷地の奥に位置するメインコテージは48㎡で広々としています。緑いっぱいの中でプライベート重視で過ごせます。フロントからはカートの送迎も利用できます。
CD7F7815-AA64-4C81-84DB-CB80342F8028.jpeg

6E044A6C-FA82-4360-BC82-AD3004BEEE51.jpeg

0E840996-F830-4CDD-AD15-35B1299D8ADB.jpeg

ルームキーは琉球松でできていて、滞在中自然を感じられるようにという配慮だそうです。各部屋にはコーヒーマシーンや、切手も貼られたポストカードが準備されていたり、滞在中快適に過ごせるような細やかな心遣いがうれしいです。また、各コテージの近くにはランドリーも設置されています。
EE748D9B-A4C8-49DF-A672-65EBF32301E9.jpeg
グランドコテージとガーデンヴィラは、バレーパーキング、専用チェックインカウンター、特別なアメニティ、そして何よりビーチ前の専用ラウンジを使うことができます。
海を見ながらのドリンクや軽食サービスがあり、また、ビーチカフェでの朝食をとることができる特典があります。

敷地内には、レストランやバーが6軒、売店が2軒ありますが、近くにはコンビニや道の駅、飲食店もあります。
5BA1A5B5-82B8-4593-BF36-D89479F106FA.jpeg
立地的に、あちこち観光に行くより、ホテル内でゆっくりしたり、近くの自然を体験できるツアーに参加して過ごすのにお勧めなホテルです。
全体に広々としているため、ソーシャルディスタンスも取りやすいので、日常から離れて癒しの時間を過ごしてみませんか。

*新型コロナウィルスのため、一部営業時間や内容が変更になっています。ホームページなどで最新情報をご確認ください。
*写真などは2019年10月、2020年3月のものです。

オクマプライベートビーチ&リゾート
https://okumaresort.com/
国頭村字奥間913
電話:0980-41-2222
*那覇より無料送迎バスが1日1本あり

← 前へ 一覧

取材担当プロフィール

田辺 里美

南国リゾートが大好きで、2002年に家族で沖縄に引っ越し。
本島内を中心にくまなく遊びながら情報提供しているうちに、観光関係(特に家族旅行)を中心としたライターの仕事も受けるようになる。
趣味はシュノーケルと食べ歩きと旅行。食べ歩きのせいか、どんどん横に大きくなるのが悩みの種。離島へのミニ旅行が楽しみで、特に宮古島と阿嘉島が好き!
息子たちが巣立った後は、夫と小さい民宿を開くのが夢。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ