【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. アラフィフ・サラリーマンの山旅日記 頂上(てっぺん)へ行こう!
  4. 竜ヶ岳から謹賀新年!

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 国内ブログ

旅ブログ 国内ブログ
アラフィフ・サラリーマンの山旅日記 頂上(てっぺん)へ行こう!国内ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

竜ヶ岳から謹賀新年!

2013年1月 2日

皆さん、新年あけましておめでとうございます!

山梨県・竜ヶ岳は、富士五湖のひとつ本栖湖の湖畔にそびえる標高1485mの山です。

辰年は終わったばかりですが、山頂から初日の出を拝むことができる絶好のスポットであることから、今年の初登山は竜ヶ岳にしました。

本栖湖キャンプ場を早朝5時に出発、山頂まで約2時間の道程です。真っ暗なのでヘッドランプの光が頼り。

IMGP5920.JPG

人気の場所だけあって登山道は長蛇の列・・・

IMGP5928.JPG

山頂が近づくと地面はかちかちに凍ってます・・・

IMGP5930.JPG

この登山道は途中からずっと富士山の姿を見ながら歩けます。元旦の富士山周辺は穏やかな晴天に恵まれました。

IMGP5929.JPG

7時頃に山頂に着きました。広い山頂は日の出を待つ登山者で凄い人だかり。気温は氷点下8℃くらい・・・

IMG_9268.JPG

山頂からは南アルプスの眺望も開けています。快晴なら北の鳳凰三山から南の聖岳まで見える大展望です。

IMG_9242.JPG

さて、竜ヶ岳はこの時期に富士山の山頂から日が昇る「ダイヤモンド富士」が見られることで知られます。

7:30頃、少しずつ明るくなってきました。

-IMG_9270.JPG

7:43、山頂から太陽が顔を出し始めます。

-IMG_9281.JPG

正にダイヤモンドのような眩い光を放ちます。

-IMG_9290.JPG

-IMG_9313.JPG

初日の出を待つさむーい時間を忘れさせる光景です!

-IMG_9299.JPG

しかし、太陽が現れると一気に温かくなりますね。人間が生きるためには太陽が必要なんだなーと改めて実感しました・・・

寒さも落ち着いたところで、一緒に登った会社の同僚、翔くん(左)と記念写真。

IMGP5941.JPG

同じ道を下りましたが明るくなったため風景が一変してました。

IMGP5948.JPG

新春の爽やかな風に吹かれながら、足取りも軽やかに悠々と歩きます。

本栖湖が見えてきました。登山口までもう少しです。

IMGP5949.JPG

その後、無事に下山。帰路、朝霧高原から眺めた雄大な富士の姿です。

IMG_9336.JPG

今年もどうぞよろしくお願いします! 今年も里山から日本アルプスまで、たくさんの頂上(てっぺん)を目指します!!!

 

取材日: 2013年1月1日

※文章、写真、所在地などは取材時のものです。あらかじめご了承ください。
また、山の状況も取材時のものですので、お出かけの際にはご注意ください。

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

岳(たけし)

昭和38年、名古屋市生まれ。40代半ばから本格的に山歩きを始める。
20代の頃より今の方が体力も気力もある!と言い切り、旅行会社に勤務しながら、仕事で、プライベートで、
里山から3000m級の山々を軽やかに(?)駆け巡る日々を送る。
モットーは、「やる気と勇気と根気があれば、不可能はない!」
ちなみに、岳はれっきとした本名。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ