【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【スロヴァキア】社会主義の時代のクルマ

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
ブラチスラヴァ便り海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

【スロヴァキア】社会主義の時代のクルマ

2013年9月 2日

 社会主義の時代、チェコスロヴァキアの自動車産業は強く、小さな国であるにもかかわらず、シュコダ、タトラ、それにリアーツという三つの自動車メーカーがありました。

slovakia_20130902.jpg

 もうずいぶん少なくなりましたが、それでも当時のクルマがいまでも現役で走っています。お年寄りが古びたクルマに乗っていることもあれば、きれいにレストアして乗っている人もいます。若者がいまふうに改造して、爆音たてながら走っていることもあります。
 
「西側」の自動車とは性能が雲泥の差で、社会主義の国々の技術的な遅れの象徴のように当時は思えたものでした。しかし、20年近くたってみると、デザインがなかなかいいことに気づかされます。
 
 カワイイという言葉が最初に思い浮かびますが、さまざまま制約のなか、デザイナーがなんんとか自己表現をしようとしたようにも感じます。
 
 写真はドイツで見かけたスロヴァキア・ナンバーの古いシュコダです。
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ