【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【世界】平和を我らに

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
ブラチスラヴァ便り海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

【世界】平和を我らに

2014年12月29日

 ぼくが子どものころ、世界は資本主義と社会主義に二分されていました。日本は資本主義で、チェコやスロヴァキアは社会主義の国でした。「冷戦」「鉄のカーテン」といった言葉を、日常のなかで意識しました。

slovakia_20141229.jpg

 クリスマス・マーケットの開かれるナームニェスティ・ミールを日本語にすると「平和広場」になります。広場の下にある地下鉄駅はとても深い位置にあります。核戦争に備えたシェルターの役割のためだといわれています。
 
 広場の片隅に、「平和の偶像」と題された彫像を見つけました。1979年、イージー・クリシュトゥーフェクという人がつくりました。ソ連がアフガニスタンに侵攻し、原宿で竹の子族が踊り、金八先生が流行った年です。
 
 振り向く人のあまりいないこの像を見ながら、世界が平和であればいいと思う2014年の暮れです。平和とは、あたりまえの暮らしがあたりまえにできる、ただそれだけのことです。
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ