【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【チェコ】きれいになったプラハ駅

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
ブラチスラヴァ便り海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

【チェコ】きれいになったプラハ駅

2016年9月26日

 プラハ駅が開業したのは、1871年のことでした。当時は「フランツ・ヨーゼフ駅」と呼ばれていました。第二次世界大戦後は、アメリカ大統領の名前にちなみ、「ウィルソン駅」と改名されました。

slovakia_20160926.jpg

 社会主義のとき、現在見られるような構造になり、もともと表玄関だった駅舎はうち捨てられました。ヨゼフ・ファンタという建築家による設計は、古きよき時代の旅を思い起こさせ、なかなか風情があるものですが、利用者の増加に対応できなくなったのが背景にあるのでしょう。
 
 表玄関の部分はずっとぼろぼろのままで、崩落した箇所も少なくなく、写真を撮るにも苦労したのですが、いまではすっかり修復されました。カフェになっているので、出発時間を待つあいだの休憩にもってこいです。
 
 以前は治安の悪さを感じたプラハ駅とその周辺も、改築工事が一通り終わって、安心して過ごせるようになったように感じます。普通の駅になった、ということでもあるのですが。
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ