【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【チェコ】映画ロケ現場

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
ブラチスラヴァ便り海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

【チェコ】映画ロケ現場

2017年1月16日

 モーツアルトを主人公にした映画『アマデウス』は、1984年、ミロシュ・フォルマン監督によってつくられました。社会主義の時代、アメリカに亡命したチェコスロヴァキアの映画監督です。

slovakia_20170116.jpg

 この『アマデウス』、チェコ人の監督が撮影したアメリカ映画なのですが、ロケはプラハ、しかも共産体制下におこなわれました。当時のプラハは戦争で焼けず、また経済が停滞していたことから、まるでタイムカプセルのような街並みが残り、セットを組まなくとも撮影できたのです。
 
 革命後、再開発がプラハ全体で進み、当時とはずいぶん街の気配が変わりました。それでもプラハを歩いていると、よく映画やテレビドラマの撮影に出くわします。日本のCMにもプラハロケが人気です。
 
 その気になれば、『アマデウス』のような映画をいまも撮影できるでしょう。でも、『アマデウス』を歴史的な名作映画にした当時プラハにあった魔法のような力は、いまのプラハにはないようにも感じています。
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ