【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. From札幌 広々ビックリ北海道だ!!
  4. どこか懐かしい映画「鉄道員(ぽっぽや)」のロケセット

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

ブログ 観光地ブログ

旅ブログ 観光地ブログ
From札幌 広々ビックリ北海道だ!! 観光地ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

どこか懐かしい映画「鉄道員(ぽっぽや)」のロケセット

2016年4月27日

北海道を舞台にした映画は少なくない。

poppoya5.jpg

最近は年に数本は北海道ロケの映画がつくられている。そんな北海道ロケ作品の一つ、「鉄道員(ぽっぽや)」は、なかなかいい感じの映画。

poppoya3.jpg

浅田次郎原作、高倉健主演というだけで、酒なんて飲んでいる場合ではない!しっかり見ないといかん!と気合が入るのである。

poppoya1.jpg

原作も映画も高く評価されたこの作品のロケ現場が、今も北海道は南富良野というエリアの観光スポットの一つとして残されている(札幌から車で約2時間半)。

poppoya4.jpg

映画では「幌舞駅」という駅だったが、実際は「JR幾寅駅」として現在も利用されているのだ。この駅舎だけではなく、映画に登場した「だるま食堂」なども映画の町並のまま、保存・公開されている。

poppoya6.jpg

駅舎の中に入ると展示コーナーがあり、写真、出演者のサイン色紙、ロケで使用した衣装などが展示されている。

poppoya7.jpg

まだ、雪が残る3月後半、気温は低めだったがどこかほっと温かくなるようなノスタルジックさが心にしみた。

poppoya8.jpg

駅を通る人々も、なんだか昭和をかんじさせ、このロケセットにしっくりくるような雰囲気だった。

poppoya9.jpg

 

← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

浅井 精一

いつのまにかすっかりオヤジになってしまったことに気がついた昭和34年生まれの男。函館出身で母校の函館西高の大先輩が北島三郎、一年後輩が辻人成(といっても面識は無い)。札幌の大学を卒業後、タウン誌編集や10年以上ホテルマンを経験するなどして、現在は編集プロダクション(株)カルチャーランド(札幌・社員24人)代表。手塚治虫マニアであること、昭和40年代のプロレスファンであることで、ごく一部に有名。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

女子的カメラライフ