【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. カメラマンが行く!プロゴルフトーナメント
  4. シードって何?

コラム カメラマンが行く!プロゴルフトーナメント

シードって何?

シードって何?

昨年11月末に合歓の郷ゴルフクラブで行われたサードQTの様子。粛々とプレーする選手たち。
昨年11月末に合歓の郷ゴルフクラブで行われたサードQTの様子。粛々とプレーする選手たち。

 今年初めての更新。早いもので今年も1ヶ月が過ぎてしまった。あと1ヶ月半もすると今年のツアーが始まる。

 さて、男女ともども今年シード入り、シード落ち、またはシード復活をした選手がいるわけだが、“シードって何?”という人もいるだろう。シードとは試合への出場権のことであるが、今回はそのシードについてお話しよう。

 プロゴルファーは男女合せて国内で4800名いるといわれていが、私が正確に把握しているのは女子950名(ティーチングプロ含む)だけ、残りは男子選手かな?もちろんその全員が試合(レギュラーツアー)に出場できるわけではなく基本、シード権のある選手しか試合には出れないのだ。そのシード権とは賞金ランクが男子70位、女子50位までが翌シーズンのシード選手となりほぼ全ての試合に出場できる。そのシード選手の他に下部ツアーの上位選手や主催者推薦選手、招待選手が加わり110~140名の選手で試合が行われる。

 賞金ランクでシード落ちした選手や、新人プロでシードそのものがない選手は、下部ツアーであるステップアップツアーや、QTと呼ばれるクォリファイングトーナメントを勝ち抜き、上位に入らなければレギュラーツアーには出られないのだ。

 また、ツアー優勝が男子25勝、女子30勝を超えると永久シードの資格が与えられ、全ての試合に永久的にいつでも出場できる。現在男子7名、女子6名の永久シード選手がいる。

明日のスターを夢みて日が落ちるまで黙々と練習に励む、レギュラーに比べてみな寡黙だ。
明日のスターを夢みて日が落ちるまで黙々と練習に励む、レギュラーに比べてみな寡黙だ。

 プロテストに合格したばかりの新人プロは、まず最初にクォリファイングトーナメント(以後QTという)のファーストステージに出場、上位に入るとセカンドステージ進む、そして更にサード、ファイナルステージへと進みファイナル上位30名が翌年のツアーシードを手にすることができるのだ。QTで30位に入れなくても上位120位に入ると一つ上のチャレンジツアー(男子)、ステップアップツアー(女子)の出場資格も得られる。こちらも上位5名に入ると翌年のレギュラーシードが得られるしくみだ。また、プロテストトップ合格者には数試合だが、レギュラーツアーへの出場資格が与えられる。

 上記は新人プロのレギュラーツアーへの道程だが、新人でなくてもシード権を喪失したプロはQTから再挑戦する。この場合前々年度の賞金ランクが上位だと、ファースト~サードをパスしてファイナルQTから出場できる特典がある。

 QTには賞金が出ないがチャレンジやステップアップツアーは少ないが賞金が出る。総額1,500万、優勝250万前後というところか…

今井克宗、初のQT出身プロとして希望の星となるが、最近はシード落ちしている。
今井克宗、初のQT出身プロとして希望の星となるが、最近はシード落ちしている。

 また、QTはプロ資格が無くても条件さえクリアすれば出場することができ、QTから勝ち上がりレギュラーツアーにも出場できるし賞金を貰うことも可能だ。この場合アマチュアでもないため、プロ宣言?すればプロということになる。中途半端な存在だがレギュラーツアーで優勝すれば講習受講後にプロ資格が与えられる。男子では今井克宗がQT出身プロ第一号、星野英正や近藤共弘、最近では園田峻輔、女子では原江里菜や藤田幸希、佐伯三貴などもQTから勝ち上がりレギュラー優勝してプロ資格を得た。

地元名古屋出身の金田久美子、ファイナルQT24位からの参戦。
地元名古屋出身の金田久美子、ファイナルQT24位からの参戦。

 以前は下部の試合数も少なく、一度シードを失うと中々復活するのは難しかったし、新人プロは予選会や主催者推薦などの機会を確実にモノにするしか仕方がなかったわけだが、QT制度導入により、門戸がより開かれたといってよいだろう。

 今井克宗はプロテストに何度も失敗したがQTに活路を見出し才能を発揮、QTで得た資格でレギュラーツアーに出場し優勝、晴れてプロ資格を得た。このことを考えると昨今プロテストが全てではないことがわかる。

 事実、最近はプロテストをパスしてQTから挑戦する選手も多くなっている。プロテストとQTダブルで挑戦も出来るので、昔と比べ可能性と裾野が広がったことになり、埋もれた才能の発掘にも貢献している。QT出身のスターが世界で活躍する日も近いだろう。

2011年02月16日

コラムフォト

取材担当プロフィール

山之内 博章 やまのうち はくしょう (はっちゃんと呼ばれています。)
1967年2月24日名古屋市生まれO型の魚座です
ゴルフフォトグラファーをやってますが、他に人物や商品も撮ります。
特技?なんだろ?カラオケは大好き。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外