【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【スロヴァキア】社会主義レトロ

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
ブラチスラヴァ便り海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

【スロヴァキア】社会主義レトロ

2020年1月 6日

 社会主義の生活でいちばんたいへんだったのは、モノが自由に買えないことでした。いまとなっては信じられませんが、肉やトイレットペーパーを手に入れるのに大行列ができたりしました。

slovakia_20200106.jpg
 ですので、1989年に民主化したとき、余計な苦労をしなくてもすむとだれもが思いました。溢れるばかりのモノが並ぶ時代になって、不思議なことに、社会主義の時代の包装を復刻したレトロコーナーがスーパーに生まれました。

 中心となっているのは、食品やお菓子、洗剤といった生活必需品です。現行とちがって素朴なものが多く、中には最低限のデザインしかしていないシンプルなものもあります。そこが魅力だったりするのですが、単に郷愁を誘うためにつくられているわけではないようです。

 どうやら年配者にとって、こうした社会主義時代の生活をよみがえらせることで、認知症のよる記憶障害や呆けに一定の効果があるというのです。それを知り、なるほどなと思いました。
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ