【本文】

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブラチスラヴァ便り
  4. 【チェコ】"チェコスロヴァキア製"スニーカー

旅ブログ

新着!!旅ブログをお届けします!!

旅ブログ 海外ブログ

旅ブログ 海外ブログ
ブラチスラヴァ便り海外ブログ

← 前へ 一覧 次へ →

【チェコ】"チェコスロヴァキア製"スニーカー

2020年1月27日

 ボタスというスニーカーの歴史は社会主義だった1949年にさかのぼります。スクテチュという靴の街にあった8社の靴メーカーが国有化によってひとつにまとまったことで生まれました。ズリーンを拠点とする大手靴メーカーであるバチャのよきライバルでした。
slovakia_20200127.jpg
 靴はもともと革製で、重たく、値の張るものでしたが、バチャはスニーカーの原型と呼ばれる布の靴を生みだします。ボタスはそれをスポーツシューズとして発展させました。東京オリンピックに出場して銀メダルを獲得したチェコスロヴァキアのバレーボールチームも、ボタスのシューズを履いていたのだそうです。

 2000年にウィンタースポーツのシューズメーカーとして再編されたのち、2008年から「ボタス66」というプロジェクトをはじめ、社会主義時代のレトロなデザインを活かしたスニーカーを試作しはじめます。

 おじさんの目からするとちょっと古くさくてダサイかなと思うのですが、若者には逆にそこが格好良く感じられるようで、流行というものはつくづくおもしろいものだと思います。
← 前へ 一覧 次へ →

取材担当プロフィール

増田 幸弘

1963年東京生まれ
スロヴァキアの都・ブラチスラヴァ在住のフリー記者。
ヨーロッパ各地を取材しながら、日本でも取材。新聞・雑誌に特集記事や連載記事を執筆している。
「プラハのシュタイナー学校」(白水社)や「プラハ カフカの生きた街」(パルコ出版)などの著作がある。

コメントを投稿


画像の中に見える文字を入力してください。

投稿についての注意事項

  • このブログへのご質問については、内容によってお答えできない場合や、回答に時間がかかる場合があることをご了承ください。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外

旅行会社別ツアー・宿泊

国内ツアー
海外ツアー
国内宿泊

ぶらっ人カメラライフ