【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. カメラマンが行く!プロゴルフトーナメント
  4. 東建ホームメイトカップ

コラム カメラマンが行く!プロゴルフトーナメント

東建ホームメイトカップ

東建ホームメイトカップ

大型ルーキー松山英樹のプロ第1打。
大型ルーキー松山英樹のプロ第1打。

 先日、東建ホームメイトカップを皮切りに国内男子ツアーが開幕した。今年の注目は大型ルーキー松山英樹君だ、本大会がプロデビュー戦になる。ゴルフファンは既にご存知と思われるが、ここで松山英樹のプロフィールを少し紹介しよう。愛媛県出身の21歳、現在東北福祉大学の4年生。4歳でゴルフを始め2008JGAナショナルチーム入り、2010年アジアアマチュアゴルフ選手権で優勝、翌年のマスターズ出場権を獲得。2011年マスターズで27位タイに入りローアマチュアを獲得した。同年の国内ツアー三井住友VISA太平洋マスターズでは並みいるプロを抑えて優勝。最近では“平成の怪物”といわれている。
今年その怪物がプロ宣言、既にプロツアーで優勝しているので2年以内に宣言すれば自動的にプロ資格とツアー出場権が与えられるのだ。

“若大将”池田勇太と大型ルーキー松山英樹。二人は大学の先輩、後輩だ。
“若大将”池田勇太と大型ルーキー松山英樹。二人は大学の先輩、後輩だ。

 東建ホームメイトカップ初日、松山は昨年の賞金王藤田寛之、池田勇太と同組でINスタート、誰もが注目する松山英樹のプロ第1打は大きく左に曲がり柿木畑の雑草地へ…「緊張してないつもりだったけど、やっぱりしてたのかな?」ほとんどボールが見えない中一発で脱出パーセーブ。その後もティーショットは右へ左へ大きく曲がる。「これじゃマトモな写真が撮れん…」が…上がってみれば2ボギー6バーディーの-4で首位と1打差。早速怪物ぶりを見せつけた。

 続く2日目、前日とは打って変わって気温も下がり強風が吹き荒れる。この日アンダーパーは1人も無く松山も4オーバー通算イーブンに落とすも首位と4打差10位タイで決勝ラウンドに進んだ。最終結果は-2の10位タイフィニッシュ「まぁ良い感じで終われたと思います」。波に乗った時の猛チャージは石川遼を彷彿させる、きっと近いうちに優勝するだろう。

1番Tee最終組でスタートする塚田好宜。
1番Tee最終組でスタートする塚田好宜。

 この松山フィーバーの中、地道に粘り強くスコアを伸ばしたのがベテラン塚田好宜だ。ゴルフファンでも塚田?という人も多いだろう。プロ20年ツアー未勝利の43歳、東海大学を中退、米佐藤信人の紹介で米国の陸軍士官学校へ、卒業後ルイジアナ大学に入学したが中退、その後豪州に渡りプロになった異色の選手だ。2004年全英オープンのアジア予選を突破しメジャー出場、2005年日本ツアーシード入りしたものの出たり入ったりが続き「どうしたらいいんだろう?ここ数年気の休まることが無かった」そんな塚田が気を吐いたのが3日目、1番こそボギーだったもののその後9バーディー通算-7の単独2位に浮上した。

 最終日、自身3度目の最終日最終組。トップの上井邦浩とは1打差。上井、室田がスコアを落とす中、淡々としたプレーでスコアを伸ばし2ボギー4バーディー-9で2位と4打差の圧勝で悲願のツアー初優勝を果たした。

優勝の塚田好宜、何度もパターを突き上げ喜びが爆発「よくここまで頑張ってこれたなぁ…」
優勝の塚田好宜、何度もパターを突き上げ喜びが爆発「よくここまで頑張ってこれたなぁ…」

 「先週まで5週アジアツアーを廻っていた、短パンで成田に帰ってきたら寒くて風邪を引いてしまった」
練習ラウンドも回ることなくホテルで休み、ほとんど練習しないままのぶっつけ本番。初日、出だしの1番でOBトリプルボギーを叩き「あれで目が覚めました」初日+1で77位タイ。2日目強風の中粘ってイーブン、通算+1だが他の選手達が落としたため12位タイに浮上、首位と3打差に。3日目猛チャージで最終日に繋げ優勝を手繰り寄せた。最終日「勝ちたいという思いで出て行った」ウィニングパットを入れた瞬間は?「20年は長かった、よくここまで頑張ってこれたと思う」と感無量。奥さんには伝えた?「先程電話した、既に泣いていた。苦労させている感謝しています」尊敬する選手は同組で廻った室田淳「57歳だというのにレギュラーツアーにも出てシニアもチャレンジにも出ている。ツアープロとはこういう人のことをいう」「自分もツアープロである限り出られる試合は海外でも何処へでも行く、出不精になったら終わりなので」
「まだまだやれる日本のツアーで勝ったので次はアジアで勝ちたい、マスターズも出てみたい」と43歳にして夢を語るその顔は輝いていた。怪物と言われる大型ルーキーと地道ないぶし銀の様なベテラン、対照的な2人の宿命を見たような開幕戦だった。

2013年05月08日

コラムフォト

取材担当プロフィール

山之内 博章 やまのうち はくしょう (はっちゃんと呼ばれています。)
1967年2月24日名古屋市生まれO型の魚座です
ゴルフフォトグラファーをやってますが、他に人物や商品も撮ります。
特技?なんだろ?カラオケは大好き。

ぶらっ人お薦めツアー

旅コラム
国内
海外