【本文】

  1. トップ
  2. コラム
  3. 熱湯コラム「いで湯のあしあと」
  4. 信州・富貴畑高原温泉

コラム 熱湯コラム「いで湯のあしあと」

信州・富貴畑高原温泉

信州・富貴畑高原温泉

 ここは、一言で言えば「隠れ家的」な温泉である。国道19号から10kmほど車を走らせ、山間のくねくねとした道を上っていくと、『床浪荘(とこなみそう)』が現れる。ここは宿泊施設も併設されているが、利用者の絶対数が限られているからか、何故かいつ来ても貸切状態で入れる。山間に立地しているため、とても静かである。深い山並みを眺望できる露天風呂がふたつ。今回は暖冬のため露天の景色はいまひとつであったが、本来ならば、全面雪化粧をした木々に囲まれながら、2箇所の「貸切」露天風呂につかれるはずである。檜の香りがする湯船に身を沈めれば、筋肉疲労も末端冷え性も一気に解消。

 そしてここの湯質がまたすごくいい。
 敢えて言うなら、「化粧水風呂」である。しかもヒアルロン酸でも入ってそうな、超しっとりなやつ。内湯のタイルもつるっつるなのだ。岐阜県~長野県のゲレンデ近隣の温泉は、たいてい化粧水(もしくは乳液)をそのままお風呂にしちゃったみたいな湯質の温泉が多いのは承知だったが、ここのはホントにすごい!!たっぷり1時間程つかった後、自分の肌を何度もなでてしまいたくなった・・・つるつる、もっちり。私ってこんなに肌キレイだったっけ?自画自賛である。それくらいスバラシかった。そしてこのもっちり感は、翌日までしっかり持続するのである。

 これだから、ウィンタースポーツはやめられない。9年も続くわけである。ボードだけに固執していたら、こんなに続いてなかったかも・・・なんて言ったらまた、ウィンタースポーツ愛好家に怒られちゃいそうだけど。
 
 ちなみに数年前、友人らと御岳に一泊で行ったボード旅行。ゲレンデ到着後、ある友人の持病のヘルニアがひどくなり、急遽滑れなくなった。でもしっかり宿泊先の温泉にはつかっていた。そんな彼も滑っちゃいないけど、「ウィンタースポーツ」に参加したことになるわけです。
 
 何度も言うけど、「セット」ですから。
しかしこのウィンタースポーツ、一体いつ(いくつ)まで続けるんだろ・・・?

【富貴畑高原温泉 床浪荘】
住所: 長野県木曽郡南木曽町吾妻4644-71
電話: 0264-58-2031
駐車場: あり
車の場合: 中央自動車道 中津川IC - 国道19号 - 国道256号(約10km)
交通機関: JR南木曽駅よりタクシーにて約20分
温泉地名: 富貴の森温泉
泉温: 18.7℃
泉質名: アルカリ性単純硫冷鉱泉
効能: 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻酔、関節のこわばり、うちみ、くじき、
慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、糖尿病、
慢性皮膚病、慢性婦人病
料金: ¥700(大人)、¥300(小人) *宿泊・昼食付日帰りコースもあり

2009年02月25日

コラムフォト

ページ : 1 2

取材担当プロフィール

みなもといずみ
近場から遠出まで、行く先々に温泉マークを見つければすぐに飛び込んでしまうほどの温泉女。出張先ですら、温泉があればタオルとパンツを持ってでかけます。女である以上、温泉に癒される人生は永遠です。行き当たりばったりの旅が大好きな私のあこがれは、スナフキン。点々と旅を続けながらいで湯を求め、足あとを残していきたい!
旅コラム
国内
海外